2017年03月12日

キャンちゃん、ごめんね



今日は楽しかった昨日のお話をアップしようと思っていたのに、


お天気もよくて、お出かけ日和なのに・・・。


朝は町内で年度末最後の疎水のお掃除でした。


帰ってから、ミルキャンの爪切りに行ったんです。


往きは、ミルキャン共キャリーバッグで、爪切りが終わった後は一緒に


入りたがらなかったので、キャンディはバッグでミルキーは抱っこで、


お店を出た時に、キャンディがバッグから降りた?落ちた?


注意が足らなかったんですね。


でも時々そういうことはあったので(いけませんが)すぐにキャンディを


抱き上げて、いつもミルキャンを可愛がってくださっている、すぐ近くの


知り合いの方にちょっとご挨拶。


その時、いつもだったら吠えるキャンディがおとなしくて、「キャンディ


ちゃん、今日はおとなしいね〜」って。眠そうな顔だったので、だっこした


まま、家に帰りました。


玄関で降ろすと、なぜか震えるキャンディ。


歩かせると、左後ろ足をあげていました。


すぐに病院に行きました。


IMG_0282.JPG


ちょうどいつも見ていただいている先生がおられて、1時間程待ちましたが、


診察していただきました。


「多分股関節脱臼ですね。だとしたら、厳しいです」


え?厳しい?厳しいって何???


レントゲンの結果、先生の診たて通り、股関節脱臼でした。


外科手術ではなく、麻酔して手で戻す、非観血的整復をご提案いただき、


お願いしました。ただし、再脱臼の可能性が高いそうです。


が、現状のままではいけないと思い、キャンディを病院に残し、帰宅しま


した。


日曜日は午前の診療のみなのですが、手術も多いそうで始める時に連絡を


いただくことに。


約2時間後、連絡をいただきました。術前の血液検査で腎臓の値が高かった


そうですが、麻酔が出来ないほどではなかったそうでそのまま処置をして


いただき、それからまた約1時間後、整復出来たとの事。


麻酔から覚めそうなので、看護師さんが抱っこしてくださっているそうです。


足はテーピング、仕方ないですよね。


また脱臼したら大変です。


元々、関節が外れやすいキャンディなのですが、よくジャンプする活発なコ


なので、これからは今まで以上の注意が必要となります。


元はと言えば、ベル姉の不注意が原因。でも罰を受けるのは私だけにして


欲しかった。


いつもうるさいキャンディがいない家がこんなに寂しいなんて。


早く帰ってきて欲しいのですが、日中見られないベル姉、母(ひどく怒られ


、泣かれました)にお願いしないといけません。しっかりみてくれるので


助かりますが、すぐ疲れちゃうので・・・たらーっ(汗)


普段ケージ生活をしないキャンディですので、安静にしてくれるかの不安、


明日病院に行って状況をお聞きして、先生と相談する予定です。


ご心配をお掛けするようなお話ですみません。


ミルキーですか、普段と変わりません(笑)


キャンディのあんよ、簡単に外れませんように・・・。


今まで全然制止していなかったわけではないのですが、今後あまりジャンプ


させないように等々、何かアドバイスがあればよろしくお願い致します。



ニックネーム ベルのお姉ちゃん at 16:13| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベル姉さん こんばんは
キャンディちゃん、大変だったんですね

何のアドバイスも書けないくせに、コメント書いてしまいました。

いつもお利口さんにバッグに入っていますものね。
きっと何かのはずみで落ちてしまったんですね。
あまりご自分を責めないでくださいね。

Posted by M at 2017年03月13日 04:03
キャンディちゃん!
股関節脱臼!
たいへんでしたね。
ほんのちょっとしたことでも,
もののはずみって,ありますからね。
膝蓋骨脱臼では,ないのですね‥‥
膝蓋骨脱臼は,サプリメントがよくきくそうです。
うちのラッキーにも,予防的措置で飲ませていました。
ジャンプさせないような工夫!
むずかしいですねぇ〜。
なにはともあれ,キャンディちゃん!
おだいじに!!
Posted by ラッキーパパ at 2017年03月13日 08:10
キャンディちゃん、痛かったね。泣
ベル姉さん、落ち込まないで。
私も、ダメダメいっぱいですよ。
もう数えきれないくらい、いろいろあります。(^^ゞ

ジャンプさせない方法・・・(~ヘ~;)ウーン
家は、私が帰ると興奮してジャンプするので
とりあえず、寝っ転がっちゃいます。
しばらく、寝たままされるがままです。
あと、ごはん前にあくびが飛ぶので
「だめ!!!」と大声で怒り
飛んではいけないことを繰り返し教えています。

なかなか難しいけど
いけないことは根気強く伝えるしかないです。
お互い頑張りましょう!
Posted by hiroko at 2017年03月13日 09:29
キャンディちゃん、大丈夫ですか?
大変でしたね。
ポンちゃん、膝ですが、最近はあまり動かなくなったので大丈夫ですが、カップは、時々、痛くするようです。
脚かと思えば、背骨の椎間板狭窄が二か所あるのでホントは、ジャンプや2足立など極力しないように言われてます。
ベル姉さんも知ってる通り元気なので、嬉しくて興奮すると連続ジャンプになってしまします(汗)
うちも帰ると大興奮になっちゃうので、すぐ撫でるしかないです…。
↑hirokoさんの寝っ転がるっていうのはいい案ですね。
うちもやってみようかな。
静かにさせるのはなかなか大変ですよね。
アドバイスというアドバイスが無くてすみませんでした。
お大事にね。
早く良くなりますように。
Posted by まこち at 2017年03月13日 11:01
先にメールを読んで、今、ブログ読んだよ
キャンちゃん、入院してるんやね…
手術じゃなくて、手で元に戻してもらったのね
一度外れると、くせになっちゃうって聞きます…
キャンちゃんのジャンプはかなりのハイジャンプだもんね
「これからは絶対にさせない」ってぐらいの覚悟でがんばって!
ポメはもともと骨もとても細いから、骨折の心配もあるし…
↑hirokoさんのように、こちらの姿勢を低くして
ジャンプの高さを極力低くできるようにするのも
ひとつの方法だね!
骨折経験のあるフルルが 興奮するとぴょんぴょんするから
アタシもいつも座り込んでるの
とにかく、キャンちゃんに精神的なダメージがありませんように。。。
早くお家に帰れますように。。。
痛みがありませんように。。。
べル姉ちゃんも 凹まないでね。。。
Posted by こまいぬ at 2017年03月13日 11:27
きゃーびっくりですよ〜!
でも、非観血的整復術で、キャン様よく頑張ったね!
離れ離れはさみしけど、今のうちだからこそ出来ることもあるんだから、足を滑らさないように、カーペット類の固定をしっかりするとか
こまさんのように、ジャンプの抑制させるではなく、抑制できる座り込み抱っことかできる工夫はどんどんあるから・・・
ベル姉ちゃん・・・落ち込む前にGO!
遅くなりましたが、今日とお散歩の際には、いろいろとご配慮をいただきありがとうございました。またお会いしたいです。キャン様、お大事にね!
Posted by 岡山犬 at 2017年03月13日 14:55
犬 Mさん ラッキーパパさん hirokoさん まこちさん こまいぬさん 岡山犬さんへ

コメントありがとうございます。
皆様の温かいお気持ち、アドバイス、感謝です。
病院でも同じように脱臼したコのお話を聞きました。
中には外れたままにされる方もいらっしゃるくらい、再脱臼が多いようですね。
キャンディは結構高い所も好きなので、入院している間に上がれる場所を
なくすようにしたいと思います。
バッグも今のより少し深いものに変えようと思います。
関節のサプリは以前からあげているので継続します。
出来る限り頑張ります〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
引き続き応援よろしくお願い致します。
Posted by ベルのお姉ちゃん at 2017年03月13日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字